株式会社荒川印刷 | ARAKAWA PRINTING
menu

ブログ

INFOGRAPHIC

W杯初の南米勢からの勝利!

皆さん先日のW杯日本の初戦(コロンビア戦)は見ましたか?見事2-1で勝利を収める事ができました!
立ち上がりから相手選手が退場し、その後のPKを決めて先制点を獲得できたものの、前半終了間際にフリーキックを決められ同点に。

後半は日本ペースで進み、コーナーキックから勝ち越しゴール!危ない場面が多かったものの、何とか失点をすることなく試合終了のホイッスル。
正直なところ、勝つのは難しいのではと思っていただけに、興奮して寝付けませんでした。

続きを読む

MTDDC MEETUP HOKKAIDO 2018

以前の記事で予告した通り、去る2018年6月9日に札幌市で開催された「MTDDC MEETUP HOKKAIDO 2018」へ参加してきました。

MTDDC MEETUP HOKKAIDO 2018 | MT:Ezo | MT蝦夷

シックス・アパート社の取締役CTOによる基調講演からスタートし、スポンサー企業によるブースセッションも含めると全10コマ。メインセッションはA会場とB会場に別れるため、どちらを聞こうか迷いながらも10コマ全部聞いてきました。

すべてのセッションのレポートを書くと大変なことになりそうなので、シックス・アパート社の基調講演「コンテンツが活きる CMS と情報設計」および、メインセッション「Movable Type 7 のすべて」についてのみ、特に気になった部分をレポートしたいと思います。

続きを読む

紙のサイズ

普段、営業活動をしているとお客様から様々な質問を頂きます。
最近頂いた質問について答えていこうと思います。今回は紙のサイズについてです。

紙のサイズは、大きさと名前が色々あるのでわからなくなってしまうものです。一般的に使われている紙のサイズにはどんな種類があるか、企画書や申請書、資料などに最適なコピー用紙のサイズ、ポスターのサイズはどれくらいなのか、などをまとめました。

続きを読む

2018/06/14(2018/06/22更新)

印刷物に使う写真はどう補正される?

雑誌や書籍などの出版物から、ポスターやチラシ、パンフレットなどの広告宣伝物など、さまざまなものを手掛けています。

お客様から支給された写真やイラストを印刷物に載せることも多いのですが、支給されたものをそのまま使うことは少なく、適宜加工や補正をしてから世に出されているものがほとんどです

カメラの性能もどんどん上がっているので、画質は問題なかったりしますが、少し暗く写ってしまったり、撮影後に不要なものが写っていたことに気づく場合もあります。

そこで、支給された写真を加工や補正をして、より印刷物に映えるようにしています。その一例をお見せします!

続きを読む

Movable Type 7

Webサイト制作をするとき、簡単な更新は自社で行いたい、ということでCMS(コンテンツ管理システム)を導入することが多くなっています。

ライセンス費が不要なWordPressなどは個人から企業まで利用しているところは多いかと思いますが、荒川印刷ではほとんどの案件で「Movable Type(ムーバブル・タイプ)」を使っています。

そのMovable Typeが、先月、2018年5月16日にメジャーバージョンアップをし、Movable Type 7がリリースされました。

Movable Type 7になって、何が変わったのか。古いバージョンを使っている場合、すぐにバージョンアップをした方がいいのか。などをご紹介します。

sixapart.jpg シックスアパート社のサイト

続きを読む

みなさん、印刷会社は全国でどのくらいあるかご存知ですか?

印刷業界の歴史は長くドイツ出身のヨハネス・グーテンベルクが活版印刷の技術を発明し、1450年頃までには実用化して印刷所の運営を始めています。印刷業の始まりといえます。560年以上の時を経た印刷業は1つの産業として完全に成熟市場となっています。

しかし、コンピュータやインターネットの普及によって、紙媒体への「印刷」は減っているだろうとは、印刷業に馴染みのない方も想像できるのではないでしょうか。

先日、5月31日に経済産業省から平成29年の工業統計調査の確報(概要版)が出ていましたので、印刷業界を見てみました。

平成29年概要版|工業統計調査|経済産業省

続きを読む

Variable Data Printing

印刷というと一度に同じものをたくさん刷る一括大量生産方式が主流だが、私が担当しているオンデマンド印刷(POD)にバリアブル印刷(可変印刷)という手法がある。

分かりやすいものでは、はがきや封筒の宛名印刷もその一部になる。「WORDの差し込み印刷でもできる」なんていわれてしまうのだが、印刷会社ではもっといろんな情報を変化させることができる。

住所や名前はもちろん文章の一部だけを一人ひとり違う内容にも差し替えられる。写真などの画像やバーコードも可能だ。皆さんの手元にある書類や本に記載されている内容はほぼ可変させることができるといえる。

続きを読む

pablo.png

昨年、2017年7月末に荒川印刷のサイトをリニューアルしました。

リニューアル時に新規で追加したかった更新コンテンツ、いわゆる「ブログ」を10か月遅れでようやく始めます。
10か月前のFacebookには今後コンテンツを追加予定です。と書かれていますが、今となってしまいました。

今回、改めてブログを始めるきっかけとなったのは、社内で本格的に「インバウンド・マーケティング」を始めることとなったため(その経緯はいずれ)。

インバウンド・マーケティングでは、サイト上の「コンテンツ」が重要になります。そのため、始めることができずにいたブログを思い切って作成したのです。

続きを読む