株式会社荒川印刷 Web制作事業のご案内

CONTACT お問い合わせ

SERVICES サービス紹介

スマートフォン・タブレット表示最適化

さまざまなタイプの端末からのアクセスを想定し、
ユーザー層・利用シーンにマッチしたページづくりを実現

最近の制作実績(一部)

一覧を見る

1.「シンプル」と「過不足なく」が両立する情報整理で、ユーザーの目的をかなえるページに

サイトで扱うコンテンツの性質や、見るページの階層の深さ(トップページから近いか遠いか)などによって、「最適な見せ方」はいつもひとつとは限りません。

「誰が、どんな状況で、どういう目的をもってこのページを見るか?」をイメージし、スピーディに把握されるべき情報はシンプルにわかりやすく、じっくり読みたいコンテンツは過不足なく。
的確な情報整理をおこなうことで、どんなデバイスからでも活用されるホームページへと作り上げていきます。

2.現在の運用状況にフィットした方法で構築

現行(PC版)ページがCMSで管理されていたら、スマホ版ページも当然そこに組み込んで作る必要があります。

当社ではMovableTypeほか、さまざまなCMSに対応可能。 作成・納品後も安心して使い続けていただけます。スマートフォン対応をきっかけに、更新管理システムを新しく導入したいとお考えの方もぜひご相談ください。

参考:参考:コンテンツ管理システム(CMS)導入

3.ご予算にあわせた柔軟なプラン提案

Cホームページをスマートフォンやタブレットでの表示に対応させるには、次の二つのやり方があります。

  • 各デバイス向けに別々のページを作成して、アクセス元端末のサイズなどをもとに自動的に振り分ける
  • ひとつのページのレイアウトが、閲覧サイズによって変化するように作る(=レスポンシブデザイン)

また、サイト内の一部のページだけに適用させることもできます。

元となるPC版サイトのつくりに応じて最適な手法を検討し、ご予算の範囲内で最大限の効果があがる導入プランをご提案いたします。

?「スマホ専用ページ」vs.「レスポンシブデザイン」それぞれのメリットとデメリット

Googleでは、単一のHTMLページのデザインだけをさまざまな画面サイズに追従させる「レスポンシブデザイン」を、スマートフォン最適化の方法として推奨しています。

しかし、たとえばPCユーザーには動画や巨大画像などのファイルサイズが大きいパーツを使ったコンテンツを提供し、スマホユーザーには使い勝手を優先させたい場合などは、それぞれ個別のページを用意して振り分けるほうが適しているといえます。

また、制作コストや管理のしやすさの面でも違いがあります。元となるサイトのつくりや、最優先事項を何とするかによって、どちらの手法がより有益なのかは一概に言えず、じっくり検討する必要があります。

両者それぞれの特徴を、ポイントごとに比較して表にまとめてみましたので、ホームページのスマートフォン最適化をお考えの方はぜひご参照ください。

スマートフォン
専用ページ
レスポンシブ
デザイン
制作コスト 多くかかる 比較的抑えられる
更新メンテナンス サイト2つ分の作業が必要
(ただしCMSの活用等で一元化も可能)
一括でできる
デザイン使い勝手 自由なレイアウト、スマホでの動線に特化したサイト設計が可能 パソコン版ページの並べ替え・差し替えによって最適化を図る
読み込み速度 速くすることができる PC版の内容と記述の仕方次第では
遅くなることがある
検索エンジン対策 やや不利
(同じ内容に対して2つのURLが存在するため)
有利
(内容とURLが1対1であるため)

サービス紹介 トップに戻る